社会保険労務士法人 Synergyのコンセプト

「労務をアウトソースすべきか?労務担当者を配置すべきか?」

その答えは、会社の規模や現状によって異なります。
Synergyは、中長期的な視点で御社の現状に合ったサポートをいたします。

企業の存続発展に不可欠なのが「人の安定」であり、 「労働者が抱える不安や不満を解消し、安心して仕事に専念できる環境を実現するために会社が務めること」 が労務であるならば、会社の成長度合いによって労務のレベルも異なります。
ですから、創業から一定の規模に至る企業の成長段階において、労務の方策(Synergyの関わり方)は変わります。

企業の成長段階におけるSynergyの関わり方(モデルケース)

【創業期:Synergyにアウトソーシングして売上確保に努める】
社内の労務事務をアウトソースしたいとお考えのお客様
【成長期:労務の社内スペシャリストを育成し、揺るぎない社内基盤を構築する】
社内の労務の事務基盤を強化したいとお考えのお客様